FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキル・ヘイト検証

2010年10月12日 22:12

この度、板金屋になる事を決意!
『有限会社なご板金』から『株式会社なごみ工房』となりました

有限という響きが懐かしい今日この頃ですが(笑)
板金ギルドクエストをクリアしてギルドトークン2k頂戴しました
今まで渋っていたのは鍛冶をメインに上げたかったからで
FF11の時のようにギルドに所属出来るのは1つのみ!なんて事になったらアウアウですからねぇ…

しかし鍛冶を上げる目処が立たない!
板金ばかり上げたくなる!
という事で鍛冶を諦めて板金一筋で行こうと決意したという経緯でござーます。


兎にも角にも板金頑張ります
また移り気になる可能性は大いになりますがッ!製作依頼があったら気軽にドウゾー









本題の脳筋になる為に必要な事

本日のお題は槍の『フェロシティ』と弓の『猛者の撃』によるダメージアップ効果が実際どれほどなのか?を検証しました。

☆対象Mobはビリー先生
★使用スキルは斧の『スカルサンダー』

・スキル使用時、380ダメージ
・スキル不使用時、220ダメージ

スキルを両方使用した際、使用しなかった際で100発づつ撃った平均値です。
一桁台はブレがあるので、平均値を出した後に切り捨ててます。
という事でTPスキル等の瞬間ダメージは確実に上昇する事が分かりました。
脳筋と呼ばれたい人は是非、スキルを習得して頂きたいモノです!






続いてヘイトシステムに関しての憶測と体感による見解を

現状でヘイトを上昇させるスキルは、剣の『挑発』と格闘の『口笛』ですが…この二つのスキルだけでは前衛のヘイト維持は難しい
理由は簡単でFF11同様、この二つのスキルは揮発でしかなく蓄積されないのに加えてギルドリーヴでは基本的に2体同時にMobが出てくるからです

どういうヘイトシステムが構築されているのか分かりませんが…
幻術や呪術にタゲが異様に向くので、前衛が削り後衛がヒールという往来のPTプレイをすると後衛が死にやすい
前衛の攻撃による蓄積ヘイトはダメージを受ける度に減少するので、相当の火力が無い限りヘイトを固定するのは難しく
後衛の魔法スキルは常に蓄積されるのでヘイトが後衛に向くのは道理なのかもしれませんが…それにしても異常ですね




で、どうしたらヘイトを維持出来るのか?

もはや挑発とかイリマセン



FAをした直後、普段使わないようなスキルでも乱用する事で2体だろうが3体だろうがヘイトが固定されます

私の場合だと『ディフェンダー』『ブラッドバス』『猛者の激』『フェロシティ』の4つのスキルを開幕で使います
スキルを使用する意味は無い上に、ゲージが勿体無いですが…加えて『サクリファ』を使うと大抵ヘイトはブレません
スキルに敵対+の効果が付加されているのは知っていましたけどね
これ程とは思いませんでした…


四の五の言わずに剣術を上げれば良いのかもしれませんね(笑)
というかスキルの乱用ぐらい知ってるよ!って言われるかも知れません…
私は知らなかったので、どうにかして後衛にヘイトが向かないように試行錯誤した結果がコレだったのです!
ヘイトの数値に関しては目下計算中という事でッ…敵に与えるデバフ関連のスキルは蓄積ヘイトなのは間違いないと思いますが、自身の強化スキルは謎です








そんな感じで色々と考察してみましたが…脳筋としてはですね
ヤラレル前にヤレ!火力でねじ伏せろ!と言いたい所ですが…現状で鬼の様な火力を体現する事が出来ないので涙目デスヨ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://untruth1951.blog63.fc2.com/tb.php/118-9be7ed92
    この記事へのトラックバック